無添加で国産にこだわった人にも安全な食と安心なペットフード.

Menu

 

健康管理について

妊娠中・授乳中の食事管理

妊娠中は、高蛋白高脂肪そしてカルシウムの十分な補給が大切です。
妊娠中期以降は、胎児が育ち消化器が圧迫され一度にたくさんの量は食べられません。
2回の食事を3回以上に分けて与えましょう。
授乳中は、お乳を与えるため妊娠時期以上の栄養分とカロリーが必要です。
そして、食事回数も4回以上与えましょう。
食事に問題があると仔犬・仔猫が育っても母犬や母猫の体力が消耗しては結果は良くありません。
妊娠時期60日間と授乳時期40日間の栄養管理はしっかりとおこなって下さい。


※産室は、早くから作り母親が落ち着き易い環境を備えましょう。
※妊娠中・授乳中はのサプリメントを与える事は、販売店やメーカーに問い合わせて からにしましょう。
妊娠中与えてはならないハーブもあり注意が肝要です。
※消化不良を伴うような食べ物は極力避けて下さい。
※子育てを経験した方ならお解りだと思いますが、鉄分(鶏レバーなど)とカルシウムの補給を心掛けましょう。
※お産の時、獣医師を必要とする場合もあり、事前に予定日を知らせておきましょう。
※授乳時、勢いよく飲む子供と吸いつく力ののない子供がいます。
力のない子供にも満遍なく飲ませるために乳首の位置を変えてあげましょう。

 


マイティウェーブショッピングサイト
お電話での注文 FAXでの注文
直販店のMAP

新着情報

今日のつぶやき

プロフィール

押川亮一
(おしかわりょういち)

1947年生まれ。 
宮崎県出身。大学卒業後、金融機関へ。
1974年に独立。 ペットショップ「ファミリーペット」主催。 母親の難病指定が引き金となり、免疫療法を学ぶ。
1994年2月「ペットフードにご用心!」宝島社より出版
1994年6月「獣医さんにご用心!」宝島社より出版
1996年「マイティウェーブ」を立ち上げる。
2005年8月「愛犬が喜ぶワンワンごはん」技術評論社より出版。
2005年9月「新・ペットフードにご用心」宝島社より出版。
2008年12月「ペットフードの危ない話」宝島社より出版。
特に食の問題点を追及し、苦痛のない自然療法をライフワークとし、現在は、キャリーオーバー・食品添加物・ポストハーベストに反対し、無添加製造そして昔の食べ物に戻す事を念頭に製品開発に励む

メルマガのご案内

「ペットフードにご用心」

ペット愛好家(犬・猫)なら知っておきたい、ペットフードのうそ・ホント?!
ペットフードにご用心の著者、マイティウェーブ押川亮一が伝えるお役立ち情報満載のメルマガです。
よもやま話も含めて、ペットの食事のあり方、健康、病気などヒトと対比しながら広くお話を進めていきます。

まぐまぐ登録